ふりかけ

しじみ
 
おつまみ
 
珍味
 
ギフト
 
お得なセット

業務用サイズ
 
粗供養


 
HOME»  コンテンツ»  時代祭り 10/22

時代祭り 10/22

時代祭は平安神宮のお祭り。

平安神宮の創建と平安遷都1100年祭を奉祝する行事として、明治28年に始まりました。
平安神宮の御祭神である桓武天皇と孝明天皇の御神霊に、京都の市中を巡行していただき、市民の暮らしぶりをご覧いただきます。
この神幸列に、鎧兜に身を包んだ武将や、絢爛豪華な十二単姿の女官などにふんした人々がお供をする一大行列となっています。
京都御所から平安神宮までの約4.5kmの道のりを、4時間ほどかけてゆっくりと練り歩きます。
巡行ルートは京都御所を出発して御池通を通り、河原町通~三条通、平安神宮となります。
この行列は18列からなり、約2,000人、牛馬70余頭で全長約2kmにおよびます。
明治維新~江戸、安土桃山、南北朝、鎌倉と7つの時代をさかのぼり、坂本龍馬や織田信長、紫式部などが登場します。

主な登場人物

・明治維新時代
 維新勤王隊列 鼓笛隊。   
 幕末志士列  

「坂本龍馬」「桂小五郎」「西郷吉之助」「高杉晋作」「吉田松陰」「久坂玄瑞」など、明治維新の立て役者となった志士、計14人。

坂本竜馬なカイくん

・江戸時代

 徳川城使上洛列
徳川幕府によって親藩または譜代の諸候は、大礼や年始などの際には必ず城使を上洛し皇室に対し礼を厚くした。
行列の先頭を行く槍持、傘持、鋏箱(はさみばこ)の「ヒーサー」の掛け声や動作は当時の面影をしのばせる。

 江戸時代婦人列
「和宮」「蓮月」「玉瀾」「吉野太夫」「出雲阿国」など。


・安土桃山時代
 豊公参朝列
豊臣家の朝廷参上。

 織田公上洛列
1568年(永禄11年)9月、天下統一のため織田信長が兵を率いて上洛した時の様子。
信長の他、羽柴秀吉や柴田勝家などが登場する。


南北朝時代
 楠公上洛列
1331年(元弘元年)後醍醐天皇の上洛を導いた楠木正成一族の行列を表す。
 中世婦人列
「淀君」「静御前」など。


・鎌倉時代
 城南流鏑馬列

列は狩り装束の射手を中心とした5組を表している。
流鏑馬(やぶさめ)は平安朝から行われた騎射の技で、馬場に3カ所の的を立て、馬を走らせながら射る。

鎌倉時代流鏑馬列   
2008 錦市場内を通られました。

 

・藤原時代
藤原公卿参朝列
藤原氏の最盛期の文武両様の姿を現す。

 平安時代婦人列
「巴御前」「紫式部」「清少納言」「小野小町」など。


・延暦時代
 延暦武官行進列

征夷大将軍となり、蝦夷(えぞ)征討に大功した坂上田村麻呂。
京都の清水寺を建立した。


 暦文官参朝列
公卿諸臣の朝廷参上。


神饌講社列
時代祭当日の神饌物を奉献する人達。


 前 列
雅楽の奏者、迦陵頻伽、胡蝶などの行列で、多数の狩装束のお供が従う。


 神幸列
御賢木(おんさかき)を先頭に、御鳳輦(ごほうれん)を中心とする神幸の本列。
前の御鳳輦が孝明天皇、後の御鳳輦が桓武天皇。

 白川女献花列
白川女(しらかわめ)は北白川の女性で、比叡山のすそ野、白川に広がる花畑の花を京で売り歩く。

 弓箭組列
京都の丹波には源頼政に従って、弓矢に秀でた人達が多く、その子孫もまた弓箭組を組織し、射術を研究していた。
 
8:00
神 幸 祭
2基のご鳳輦に桓武天皇と孝明天皇の御神霊をお遷しし、午前9時に行列を整えて神幸列が本宮を進発、行在所に向かい、午前10時頃建礼門前在所に到着します。

12:00
行 列 進 発
行列は、正午に京都御所を出発。
維新勤王隊を先頭に、坂本龍馬ら幕末の志士や織田信長、巴御前らにふんした行列が、烏丸通や御池通などを巡行し、平安神宮に向かう。